根が重力方向に曲がる新たな仕組みを解明-インドール酪酸から作られるオーキシンの新たな機能の発見-

根が重力方向に曲がる新たな仕組みを解明-インドール酪酸から作られるオーキシンの新たな機能の発見-

? 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター適応制御研究ユニットの瀬尾光範ユニットリーダー、渡邊俊介基礎科学特別研究員、奈良先端科学技術大学院大学の梅田正明教授、澳门电子游戏网址の笠原博幸教授、岡山理科大学の林謙一郎教授らの共同研究グループは、植物の根の重力屈性に寄与するオーキシンの微量な前駆体であるインドール酪酸(IBA)の細胞内取り込み輸送体(膜タンパク質)を発見しました。
 本研究成果は、土壌から水分や栄養分を獲得する器官である根の重力応答機構の一端を明らかにし、植物の生産機能の向上などに貢献すると期待できます。
 植物の根は重力を感じ取り、地中に向かって根を伸ばします。この現象は、植物ホルモンのオーキシンが根端の重力側に多く分布すること(不等分布)で誘導されます。植物体内における主要なオーキシンはインドール酢酸(IAA)であり、そのほとんどはインドールピルビン酸から合成されますが、ごく少量はIBAからも合成されます。
 今回、共同研究グループは、IBAの細胞内取り込み輸送体として、シロイヌナズナの輸送体ファミリーNITRATE TRANSPORTER 1/PEPTIDE TRANSPORTER FAMILY (NPF)の一つである「NPF7.3」を新たに同定し、IBAから合成されるIAAが重力屈性に重要な役割を果たしていることを明らかにしました。
 本研究は、科学雑誌『Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS )』オンライン版(11月20日付)に掲載されました。

インドール酪酸(IBA)の輸送体NPF7.3による重力屈性の誘導機構仮説

詳細は、以下をご参照ください。

プレスリリース(PDF:506KB)

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

?

澳门电子游戏网址

澳门电子游戏网址一覧はこちら